読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長期のキャリアプランを考える

私はこれまで、長期の目標というものを立てたことがない。一番長くても2年先くらいだ。

しかし、私が就職を希望するコンサルティング会社の入社面接では、必ず「この先10年間のキャリアプラン」を聞かれるようだ。

しかし、全然浮かんでこない。

10年間、というより人生のなるべく早い段階で達成したいことは、有能になること、モテることの二つだ。

もっと具体的には、高い生産性で仕事ができるようになる、つまり高い時給で働くこと。そして出会いのシチュエーションを問わず、付き合いたいと思った女の人と高い確率で付き合えるようになることだ。

後者に関しては、主に外見を磨いたり、ナンパなどでコミュ力を磨く、という方向での努力が求められるので、面接での回答としては適切ではないと思われる。

よって私が考えるべきは、いかに時給をあげるか、ということだ。

そもそも、私がコンサルティング会社を志望するのは、

①優秀な社員に囲まれて働くことができるイメージ

②若くして独立し、活躍する人が多い

以上の理由から、時給アップのために選ぶ業界として最適だと判断したからだ。

しかし、面接でこんな説明をすれば間違いなく落ちるだろう。

ふわっとしすぎている。

どんな業務を通して、どんな能力を開発したいか。それにはどのくらいの期間を要するのか。最終的に、どんな種類の仕事をしたいのか。

この辺りを詰めていくことが必要と思われる。

先のことなんてわからないし、大まかな方向性だけ定まっていれば、あとはその場その場で頑張っていけばいいと思うんだけどなあ。

採用する側からしたら、進む道がはっきり決まっている人の方が魅力的に見えるものなのかなあ。

過去の内定者のESとか調べてみよ。

あと、コンサルティング業界に関連した小説とか読んで、業務への理解を深めよう。

まとまりのない文章になっちゃったけど、今日はこの辺で。