オナ禁について

オナ禁について書きたいと思う。

私自身、初めてオナ禁をしたのは高校2年の時だ。

友人の影響で始めたのだが、寝起きのよさ、日中の頭の冴え方、肌あれの改善などの効果を強く実感したため、すぐにハマった。

二ヶ月以上のオナ禁も複数回経験している。

今日はそんなオナ禁中級者の私が、オナ禁の効果や続けるコツ、オナ禁に対する考えなどをここに記そうと思う。

 

まず効果について

オナ禁 効果」で検索をかけると、悟りを開けるだとか、スーパーサイヤ人になれるだとか、有る事無い事色々書かれているが、私が実感している効果は以下の通りである。

【短期】

朝の目覚めがよくなる

頭が冴える

やる気、気力が出てくる

肌の脂が減る

【長期】

自分に自信がつく

好戦的になる

顔が変わる

 

最後の「顔が変わる」は、嘘みたいだが、本当の話だ。

一週間やそこらのオナ禁では無理だが、長期のオナ禁をしているとふと鏡をみた時に、「あれ、俺前よりイケメンになってね?」ってなる。

あと、以前海外に留学していた時、数ヶ月の間オナ禁をしたのだが、日本に帰ってから五人以上の人に「痩せた?」と言われた。体重は全く変わっていないのに。

曰く、顔がシュッとしたらしい。

 

これだけの効果を実感しているため、私はもうオナニーなどしたくないと思っている。しかし、それでも魔が差して、オナニーをしてしまうことがある。

●ネットサーフィン中に、エロい広告をみた時

●ドラマや映画のエロいシーンをみた時

●夢精後

などには要注意だ。

夢精後にオナニーをしてしまいやすくなる理由は主に二つある。

一つは、夢精のショックで自暴自棄になるから。

もう一つは、一度射精をすると、ふとした瞬間にオナニーをしたくなりやすくなるからである。

 

実は、オナ禁を続けるヒントもここにある。

前回の射精からの期間が開けば開くほど、オナ禁は簡単になる。

最初の一、二週間のオナ禁は、かなりの精神力を必要とする。

多くの人がここを超えられない。

だから、オナ禁をしたことがない人に、例えば二ヶ月オナ禁していることを明かすと、

「そんなの俺にはぜっっったいに無理」

と言われるが、実際には二ヶ月のオナ禁の難易度は、二週間のそれと比べて1.5倍もないと思っている。

オナ禁期間が二週間を越えると、そもそもオナニーはしないのが当たり前になってくる。

あとは一週間に一度くらいのペースで訪れる欲求を我慢するだけだ。

しかも、「もうせっかくここまで頑張ったのに、リセットするなんて勿体無い」

という気持ちも働くので、その稀にくる欲望にも抵抗しやすい。

一度一ヶ月以上のオナ禁を経験し、そのコツを掴んだ人は、もう何度でもオナ禁ができるだろう。

 

次に、オナ禁のデメリットについて。

私が考えるデメリットは一つで、それは夢精である。

昔はほとんど夢精などしなかったが、今はしょっちゅうするようになった。

体が夢精を覚えたのだろう。二日しなかっただけで夢精することすらある。

ただ、これだけ夢精をすると、夢精の法則性もわかるようになってくる。

まず、朝勃ち以外で勃起をしなかった場合に夢精をすることはない。

よって、オナ禁とエロ禁を同時に行うことで、防ぐことができる。

勃起は、寝る時間に近ければ近いほど夢精の確率が高まる。 

オナニーはしないけどAVは観る、というのは本当におすすめしない。

我慢汁を出したら負けだと考えたほうがいい。

「じゃあ我慢汁を出さないように、ちょっとだけ見よう」などと考えるかもしれないが、本当にちょっとで終わることなど無い。

また、仮に夢精をしなかったとしても、オナ禁の効果は薄れると考えている。

我慢汁を出すと、顔の脂の量が増えるのを実感できるからだ。

オナ禁とエロ禁をセットで行うこと、これこそがオナ禁を成功させる最大の秘訣である。

※5/31追記 寝る前に水分を取りすぎると夢精の確率が上がることが分かった。

 

最後に

オナ禁には夢精のリスクという大きなデメリットがあるが、それを補って余りある破壊力がある。

正直、オナ禁に出会わなかった場合の自分の人生を想像すると、ぞっとするくらいだ。

大げさでは無い。心からそう思う。

現状に大きな不満がある、という人には、まずは一ヶ月のオナ禁をすることをオススメする。

 

※全て自己責任でお願いします。