読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ

自分はどういったときに幸せを感じるのか。

一つはっきりしているのは、成長を実感したときである。

できることが増えると、嬉しい。

逆に、成長を感じられないと、すごく不安になる。

他には何があるだろう。

他人から評価されたときも嬉しい。

結果を出して、すごいと思われたい。

仲のいい友達と喋るのも幸せだし、美味しいものを食べるのも幸せ。

可愛い女の子と話が盛り上がるのも、セックスするのも幸せ。

 

では逆に、多くの人が幸せと感じるけど、自分にはそれほど価値がないものは何だろう。

基本大人数でわちゃわちゃするのは嫌い。

飲み会とかも嫌い。

コンサートとかも楽しくない。

旅行とか観光とか全然好きじゃない。

写真も撮らない。

人と同じことがしたいっていう思いもあんまりない。

どちらかというと人と同じがいやだ。

 

他者からの評価、金、友達、セックス、そういったものを求めて努力、成長する。

その成長過程を楽しめれば、自分にとってのいい人生と呼べるんじゃないかな。

楽で楽しいことも、辛くて楽しいこともあるけど、将来のために今を犠牲にするんじゃなくて、辛くても今を楽しむことを忘れないようにしたい。

 

それからもう一つ。

今思い出したが、人と会話をするのは好きだ。

もちろん人にもよるが、お互いにある程度心をひらけていれば、基本的に楽しい。

だけど、可愛い女の子とか、年上のスペック高い人とか、初対面の人と喋るのは、楽しさより大変さが勝ることが多い。

なぜそうなるのかというと、緊張するから、見下されるから、また打ち解けるのに時間がかかることがあるからだ。

解決法は、コミュ力をあげることと、スペックを高めることだ。

そのために、ナンパ、見た目の改善(肌、脱毛、髪型、眉毛、唇、手、筋トレ、鼻呼吸、ファッション)、積極的に話しかける、英語、オナ禁。他にもたくさんあるだろう。

 

文章があっちこっちしてしまったが、いろんな人と楽しく喋れるようになることを意識して努力すれば、幸せになれる気がしてきた!