読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネームバリューで決めることの是非

「就職先をネームバリューで選んではいけない」

 

Newspicksなど、意識の高い人が集まるコミュニティーではよく耳にする言葉だ。

このアドバイスは、果たして本当に正しいのだろうか。

事実、ネームバリューのある会社に入ることのメリットは多い。

給料、世間体、入社の難易度が高い、など。

入社の難易度が高いほど、入社のために努力をするようになる。

それにより、内定までの期間でより成長できる。

これらは全て重要なことであり、ネームバリューのある会社に学生が集まるというのは、ある意味当然と言える。

 

思考停止せずに自分が本当にやりたいことを考え抜け

大企業に入れば安泰とは限らない

自分のやってるベンチャー、中小企業に興味を持って欲しい

 

などと言うのなら十分理解できる。

でも、「ネームバリューを気にするな」といった論調はやはりおかしいと思う。

やりたい事といったって、実際に働いてみないとわからない部分は多い。

どんな人生を送りたいのかを考え、それを元に興味のある業界や仕事を考える。

それが会社の規模に関わらずできるものなのであれば、あとは自分の実力と相談しながら、なるべくネームバリューのある企業を狙う。

これは至極真っ当で、合理的な考え方だと思う。

 

もしかすると、ネームバリューで選ぶな!と叫んでいる人も、自分と同じ考えなのかもしれない。

『やりたいことを考える前に、一番最初の絞り込みを「大企業」と言う条件でかけるのは良くない。必要に応じて一番最後にこの絞り込みをかけるべき。』

という言葉を、短くまとめた結果

「ネームバリューで選ぶな!」

になったのかもしれない。

けれど少なくとも私は、多くの人が

「ネームバリューで考える=悪」

と言っているように受け取ってしまった。

 

どう考えても、ネームバリューを全く考慮に入れないことの合理性が見当たらない。