読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネズミが出た

家にネズミがいる。

ネズミって言ってもすごい小さくて、全長10センチも無い。

色も真っ黒だし、最初は巨大なゴキブリが出たのかと思った。

ゴキブリはめちゃくちゃ苦手だから、ネズミって分かって少しだけ安心したけど、それでもまだめっちゃ怖い。

いつも突然現れるし、音を立てて走るから、マジでびっくりする。

しかも速さが尋常じゃ無い。

想像してた三倍早い。本当に早い。

速すぎて、未だまともにその姿を確認さえできていない。

あれは虫が出た時みたいに、潰したり捉えたりするのは無理そうだ。

だけど、なんとか対処しないといけない。

ネズミにビクビクしながら生活するとか無理。

雨音や洗濯機など、何か音がするたびに怖い思いをするのはもうまっぴらだ。

幸い、このネズミは壁を登ったりすることはできないようなので、冷蔵庫の裏など、どこかに隠れた時に、本やテッシュの箱などで包囲網を作ることができる。

いつネズミが出てきてもおかしく無い状況で、それを作る勇気が出せるか、包囲網がネズミの運動エネルギーに耐えられるか、ネズミが出てきた時に、正気を保っていられるかなど、問題は色々あるが。

そしていくら分析をしても、実際にネズミが出てくるといつもパニックになる。

この間初めて自分の部屋にネズミが侵入してきた時、出会って間も無いシェアメイト(現在私はカナダのシェアハウスに住んでいる)を呼びつけ、退治に協力してもらった。

その時も、ネズミ出現前はそのシェアメイトに対して色々分析を語っていたが、いざ出てきた時には思わず

「うわ!!でっかい!!でっかい!!」

と叫んでしまった。

でっかいと叫んだのはその時はまだゴキブリだと思っていたからだが、とにかく恥ずかしい限りだ。

これからは家にネズミや虫が出た時に、偉そうに分析するのは控えよう。

ちなみにその時はネズミにはまんまと逃げられた。

ネズミ捕りを仕掛けて、そこにハマってもらうというのが一番現実的だとは思う。

今もいくつか仕掛けてはいるが、全然引っかかる気配は無い。

もっとたくさん仕掛けて、置き方や餌も工夫して、あとは祈るしかなさそうだ。