対策不要 うそかほんとか

伊賀泰代の「生産性」を読んでいる。

以前読んだ、同じく彼女の「採用基準」がすごく面白かったので、買ってみた。

採用基準の中で、彼女は

コンサルティング会社の入社試験に置ける、ケース問題の対策なんて意味がないどころか、むしろ逆効果だ。上手に解けたかどうかなんて見られていないし、実際内定者には上手く解けなかった人が多い。」

的なことを言っている。

一方、生産性の中では

「私はマッキンゼーの採用マネージャーとして、採用の生産性の向上に取り組んできた。」

とある。

これを読んで思ったのが、

「ケース面接の対策されると、採用の生産性落ちるよな」

ということ。

みんなが同じような参考書を使って、ガチガチに対策をしてくれば、どの候補者の面接も代わり映えのないものになってしまう。

そうなると、各候補者の本当の実力が見えづらくなるため、良い人材の確保が難しくなる。

彼女はもうマッキンゼーを退社しているが、自分の後輩やお世話になった会社のことを思って、嘘の情報を流しているんじゃないか、なんて思ったりした。

この本は、タイトルこそ「採用基準」だが、メインテーマはリーダーシップの重要性だ。

メインテーマで嘘をつくことはまあないと思うが、それとは関係のないところでちょっとした嘘(見方によっては嘘ではない)をつくことは十分考えられる。

内定者にケース問題を上手く解けなかった、と言っている人が一定数存在するのは本当だろうが、単に謙遜しているだけかもしれないし、本当にケース問題での評価が高くて入社したのかもわからない。

ケース問題はギリギリ許容されるくらいの評価で、過去の経歴やインターンでの活躍が圧倒的だったために採用されたのかもしれない。

 

地頭力というのは思考スキル、思考意欲、思考体力の三つに分類される。このうちケース問題を上手く解けるかどうかで測られるのは思考スキルのみ。そして入社後に最も鍛えやすいのも思考スキル。だから思考スキルは重視されず、問題を上手く解けるかどうかも重視されない。

この言い分は筋が通っている。

問題は、思考意欲や思考体力を高める、あるいは高いように見せるために、ケース問題の練習が役に立つかどうかだ。

肝心の思考意欲や思考体力に関しては、「日頃からどれだけものを考えているかどうかで決まる」的な記述しかなく、具体的な鍛え方などは一切記されていない。

まあ一つは普段から色々考えろ!ってことなんだろうし、それはやるつもりだが、そもそも他の人と比べて自分の思考体力や意欲がどれくらい高いのかもよく分からないし、ましてや東大生と比べてどうなのかなんて検討もつかない。身近に東大生いねーし。

自分の思考意欲や体力がどのくらい成長したかだって、なんとなくしか分からない。

学歴やリーダーシップ経験で劣る自分は、ここで高い評価を得られなければインターンには進めない。

時間はあるから、なんとか対策をしたい。

 

思考意欲や体力が見られているのであれば大切なのは、問題を楽しみながら、最後まで失速せずに解けるか、と言ったところだろうか。

いくつかの基本的な考え方だけ叩き込んでおいて、あとはその場で考えたり、面接官との会話を楽しみながらやれればいいのかな。

思考体力に関しては、ブログを書くとき、行き詰まったらすぐに立ち歩いたりせずに、じっくり考えるようにすれば鍛えられるかも。さすがに5分くらいおきに立ち歩いてるのはやばい。