mc battle 年齢と思考力

私はmc battleが好きだ。

今は地上波でもmc battleの番組が放送されているので、知っている人も多いだろうが、mc battleとは簡単にいうと、djが流すビートに合わせて、お互いをディスり合うバトルだ。

私はこれが四年ほど前から大好きで、youtubeやdvdでほぼ毎日見ているのだが、長い間ずっと疑問に思っていることがあった。

それは、「漢a.k.a.GAMI」や「HIDADDY」に代表されるベテランラッパーのスキルが、なぜラップ歴2、3年の高校生ラッパーのスキルに遅れをとるのか、ということだ。

ラッパーはスポーツ選手と違い、肉体的な衰えがパフォーマンスを下げることは無いなずなので、どうにも理解し難かった。

普通に考えれば、経験を積めば積むほどスキルは向上するはずだ。

そして現在もmc battleを続けているベテランラッパーの多くは、かつてのバトルシーンを盛り上げた実力者達である。

にも関わらず、ポッと出の高校生に普通に負けたりする。

しかもmc battleでは、立ち振る舞いや知名度も勝敗を大きく左右するため、ベテランが若手に負けるときにはかなりのスキルの違いを見せつけられることが多い。

この理由がなんとなくわかったのが、将棋の世界にも衰えがあるということを知ったときだ。

将棋に詳しくない私は、将棋のような体を動かす必要のない種目は、年寄りほど強いものなのだと思っていたのだが、どうやらそうではないらしい。

棋士の全盛期は20代後半と言われ、あの羽生善治も今はそんなに強くないらしい。

将棋には制限時間(持ち時間)があり、その時間内で最善の手を考えなければいけないらしく、その意味で頭の回転が早い若者の方が有利なのだそうだ。

mc battleにも頭の回転の速さが求められるので、やはり将棋と同様に衰えという概念が存在するのだろう。

 

だが、ベテランが若手に負ける理由は、本当に衰えだけなのだろうか。

というのも、レジェンドと言われるようなベテランの全盛期と同等のスキルを持つ若手が、今のシーンにはゴロゴロいるように思えるのだ。

●伸び盛りの年齢の時に、どれだけの努力をしたか

●その時に、どれだけ質の高い環境(手本、仲間、ライバル)にいたか

私はこの二つも大きく影響していると思う。

やはり手探りでバトルのやり方を模索していた世代と、その世代が築き上げた土壌の上で、彼らのラップをお手本に努力を始めた世代とで、全盛期のスキルに大きな差が生まれるのだろう。

 

ここから学べる事は何だろうか。

かつて私は、衰えるのは肉体だけで、頭はどんどんよくなっていくものだと思っていた。

だからスポーツ選手や肉体労働者を除けば、少なくとも仕事上で「衰える」事は無いと思っていた。

しかし実際にはもっと多くのものに、上達しやすい年代や、衰えという概念がある。

そしてそれらのほとんどにおいて、若ければ若いほど上達しやすい。

私はこれまでの人生、常に上達しやすい世代の人間として生きてきたから、思考力が衰えるなんて事は想像できなかった。

だがそれにもいつか終わりが来るし、いずれは手に入れるものより失うものの方が多くなるだろう。

若いうちにどれだけ頑張れるか、どれだけいい環境で頑張れるかが、この先の人生を大きく左右する。

年寄りがこういう話をするのを何度も聞いたことがあるが、今日初めてその言葉の意味を実感できた気がする。

今だからこそ磨けるスキルがある。