PDCAのAっている?

PDCAサイクルという言葉がある。

Plan(計画)、Do(実行)、Check(振り返り)、Act(改善)を繰り返すことを指すPDCAサイクルは、業務などを改善していくための効率的な手法の一つだ。

偉そうにPDCAなどという言葉を持ち出すまでもなく、計画、実行、振り返りを繰り返すことは、多くの場面で重要なことだということは間違いないだろう。

ただ、これA(act)いらなくね?

計画、実行、振り返りを繰り返せばそれでよくないか。

そもそもactを改善って翻訳すること自体違和感がすごい。

一聴しただけだと「DoとAct何がちげえんだよ」って思うし、振り返りの直後に計画がこないのも感覚的におかしいと思う。

改善の後に計画がくるのもおかしい。

わざわざ横文字の言葉を使わなくてもいいものを無理やり横文字にして、しかも(少なくともその言葉を聞いただけでは)おかしいポイントがあるって、さてはこの言葉を日本に持ち込んだやつ、頭の弱いアメリカかぶれだな。

「けいかくじっこうふりかえりをする」16文字。

「ぴーでぃーしーえーさいくるをまわす」17文字。

短くまとまっている訳でもない。

「日本の接客は過剰すぎると思う」のも「日本人に興味ない」のも「USの音しか聞かねえ」のも勝手にしてくれていいから、変な日本語を作るのはどうかやめてくれ。