書評 幸福の資本論

橘玲著「幸福の『資本』論」を読んだ。

著者はこの本のメインテーマとして、幸福な人生の土台を作るため、① 金融資産②人的資本③社会資本のうちの二つを満たす必要があると主張する。

金融資産は、貯蓄や株式、不動産などのこと。

人的資本は、自己実現する力、お金を稼ぐ力のこと。

社会資本は、人とのつながりのこと。

著者曰く、富が大きくなると、全ての人間関係に金銭が介在するようになるため、金融資産と社会資本は高い次元では両立しないという。

よって、①②③の全てを完璧に満たすことは不可能であり、どれか二つを満たすことが、幸福のインフラとなる。

ちなみに、金も良い仕事(稼げる、楽しい)も友達も持っていない状態が「貧困」と呼ばれ、地方のマイルドヤンキーなどはお金はなくても仲間と助け合って生活ができる(社会資本に頼ることができる)ため、「貧困」とはならない。

以上三つの資産、資本を様々な角度から分析した上で、最終的に、著者の考えるそれらの理想的なバランスの取り方が示される。

 

「強いつながり」を恋人や家族のみに最小化する。

好きなことに人的資本の全てを一点投入する。

一つの組織に依存するのではなく、スペシャリスト、クリエーターとして、プロジェクト単位で気に入った仲間と仕事をする。

 

これが、「凡人」にとっての「幸福な人生」の最適ポートフォリオだという。

会社や地元など、人間関係を「強いつながり」に集中させてしまうと、退職時や何か揉め事があった時、社会資本が一気にゼロに近づいてしまう。

プロジェクト単位で働くことで、社会資本を分散投資することができ、また苦手な人と一緒に働く必要もないので、人間関係のストレスを大きく減らすことができる。

人的資本を一点投入する(一つの分野を極める)ことで、自分のやりたいことをしながらお金を稼ぐことができる。

これにより、金銭的にも人間関係にもなんのストレスもなく、好きなことに人的資本を集中して「自己実現」できるようになる、というのが著者の結論だ。

 

巻末で著者自身も語っているが、あくまでこれは著者の考えであって、絶対的な答えではない。

でもこの本は読んでいてかなり納得感があった。

私自身は自分の好きなことがよくわからなくて、何に人的資本を集中させればいいのかがよくわからない。

でもプロジェクト単位で気の合う仲間と働きたいと思う。

以前は気の合わない人との会話をいかに楽しむか、ということに魅力を感じていたけど、最近そうは思わなくなった。

学校のクラスや会社など、変えることのできない人間関係の中ではその能力は重要だけど、そもそも自分で付き合う人間を選ぶことができれば、それはほとんど必要のない能力だ。

時間は有限だ。

やりたいことだけやって、付き合いたい人とだけ付き合って過ごしたい。

家族を大切にして、月一くらいで学生時代の仲のいい友達や先輩と会って、気の合う人と一緒に好きな仕事をしてたくさん稼げれば、すごく幸せだと思う。

一番の課題は仕事をどうするか。

とりあえず、やりたいことだけに力を注いでいこう。