ダラダラ量の調節

これといってやらなきゃいけないことがない時には、Youtubetwitterを見たり、いろんな人のLINEのプロフィール画像を見たり、妄想をしたりして過ごしています。

これらの活動には全然労力がかからないし、まあ楽しいっちゃ楽しいのですが、そればかりしていると一日の終わりに虚無感に包まれたりします。

こういう生活では成長はできないに等しいので、こうした日々を毎日続けていたらまともな大人になれないということは考えるまでもありません。

基本的に忙しい日々の方が充実感も成長も大きいので、私は日々の生活にルーティーンをたくさん作って、ダラダラしないように工夫しています。

朝起きたら2時間英語の勉強をして、バイトに行って、帰ってきたらブログを更新して、寝る前には必ず日記を書く。

そのほかにも秘密の日課がいくつかあります。

そうして一日を無理やり忙しくして過ごしているのですが、ぶっちゃけそれでもまだ自由な時間が数時間あって、そこでダラダラしています。

かなり忙しい人でも、ダラダラできる時間はあると思うのだけど、ダラダラする時間ってどのくらいが適切なんでしょうか。

いや、もちろん答えは人それぞれ違うでしょうけど、私にとっての適切なダラダラ時間ってどうやって判断すればいいのでしょう。

まあ結局は、自分が「気持ちいい」と思えるバランスが一番なんですかね。

一日を終えた時に、「楽しかった」と思える日が続いていればそれが適切なバランスで、「だらけすぎ」とか「忙しすぎ」と思えばダラダラの量を再調整しなきゃいけない。

難しいのは「だらけすぎ」と思った時で、この時の解決方法としてはルーティーンの追加が一番手っ取り早いんだけど、ルーティーンを増やしすぎると毎日が代わり映えしなすぎて楽しくなくなりがちです。

ルーティーンを追加することなく、空き時間に楽しくて成長に繋がることができるようになることが私を幸せに近づけてくれるのでしょう。

そのためには、楽しく取り組めることをたくさん持つことが重要なのかなあ。

気乗りがしないとYouTubeに流れることになるけど、たくさんあれば、一つくらいやる気がでるはず。

という訳で今日は初めて歌詞を書いてみたのですが、案の定思うようにいきませんでした。

忘れた頃にこの歌詞を書いた紙を誰かに見られて赤っ恥をかくことが無いように気をつけたいと思います。