飲ませたがる人の心理

人にお酒を飲ませたがる人ってよくいるじゃないですか。

お酒に弱い人、お酒が好きじゃない人にも、可能な限り飲ませようとするじゃないですか。

あれって一体どういう心理なんですかね。

私はお酒に弱くて、味も好きじゃなくて、好きになりたいとも思わないのでお酒は普通に飲みたくないです。

だから、人に飲ませようと思うこともないので、そういう人がどういう気持ちで人に飲ませようとするのか、全然わかりません。

人の飲み物の種類やペースに口をだすなんて、ちゃんちゃらおかしな話だと思います。

もしかして、その場にいる全員がベロベロになって初めて楽しむことができる、というのが理由でしょうか。

もしそうだとしたら、勧められても断り続け、お酒を飲まなければ、次第に飲みの席に誘われることはなくなるということですね。

それ、いいですね。

誘いを断り続けることでも誘われなくなるのは可能ですけど、それだとどんな理由をつけようが相手に「俺嫌われてんのかな」と感じさせてしまいます。

でもこの方法ならそれは起こりません。

「一緒にベロベロになれないやつ」という認定を受けるだけですみます。

私の場合多少苦手な人でも、一回飲みにいくくらいならお互いの理解を深めることができますし、そんなに嫌ではないです。

その一回で酒を頑なに拒めば、いい感じにフェードアウトできるんじゃないでしょうか。

大人数での飲み会でも同じですね。

最初の一回でソフトドリンクしか飲まないところを見せつけておけば、次回以降しつこく誘われる可能性を下げることができるでしょう。

よし、社会人デビューで一滴も飲めないキャラを確立するぞ!