改めて読書の重要性に気づく

ここ何日か、ブログのネタがなくて困っていました。

ここ何日か、日課の1分間メモ(赤羽雄二「ゼロ秒思考」参照)のネタに困っていました。

そしてここ何日か、読書の量がめっきり減っていました。

これらが無関係はとは思えません。

読書をする時って、知識を得ているのと同時に、やっぱり色々と考えているんですね。

ちきりんさんは「私たちが本当に頭を使っているのはアウトプットの時だけ」という趣旨のことを言っていました。

私もそう思います。

ただ、新しい知識を得ることが、疑問が生まれるきっかけになることもまた間違いなさそうです。

実際本から得た情報をきっかけに考え事が始まることは多いですし、それが本の内容とは全然関係のないことに発展して行くことも少なくありません。

残念なのが、本って読み始めるとだいたい面白いんですけど、漫画、ブログ、twitterYouTubeとかと比べると、とっつきにくいというか、読み始めるまでのハードルが高いんですよね。

長時間の電車通勤の時とかは、何も考えずにスッと読書に入れるんですけど、自宅だとtwitterとかに流れがちです。

ちょっと前までやっていたように、寝る前の1、2時間を読書の時間と決めて、これからまた毎日本を読もうと思います。

応援よろしくお願いします。