不倫が批判される理由のまとめ

知り合いの父親が有名女優と不倫をしてニュースになったみたいです。

初めての経験に正直ワクワクしました。

それにちなんで、今回は不倫についての話です。

そもそも不倫って世間から批判されるべき行為じゃないですよね。

もちろん家族、特に奥さんや旦那さんには批判されて然るべき行為ですけど、関係のない人があれこれ口を出す問題ではないはずです。

それにもかかわらず、実際はパートナーが許している場合でさえメディアは批判を繰り返します。

ただ報じられるだけなら「ゴシップネタに需要があるから」の一言で片付けることができますが、不倫報道には必ずと言っていいほど不倫批判が伴います。

その結果謝罪会見が開かれたり、もっと悪いと政治家なら辞職に追い込まれたり、タレントなら活動休止を余儀なくされたりします。

一見すると摩訶不思議な現象です。

とはいえ、いざ考えて見ると批判される理由はポンポンと浮かんできます。

以下にまとめてみました。

 

●思考停止

みんなが叩いているからきっと悪いことなんだろうな、という考え方。

何が悪いのかまでは考えない。

私も昔はそうでした。

不倫と無縁な若い世代はこのパターンが多いんじゃないでしょうか。

●ただ叩きたいだけ

理由なんてなんでもよくて、ただ嫌いな有名人を叩くための素材として不倫が使われることがあります。

●モテない自分を肯定できる

過半数、というかほとんどの人は、不倫をしたくてもできません。

魅力がないからです。

不倫を叩くことにより「自分はモテないのではなく誠実なんだ」と自己肯定感を高めることができます。

●自分も不倫したいのにできないからひがんでいる

有名人の不倫相手なんて大体が美男美女でしょう。

そりゃあ羨ましいですし、ひがみたくもなりますよね。

●パートナーに不倫されるのが怖い

自分に不倫する力はないけれど、パートナーにはある。

そんな状態なら不倫を絶対悪と考えたくなるのも頷けます。

 ●過去に浮気されたことがトラウマになっている

不倫を世間から批判される筋合いはなくても、多くの場合パートナーには迷惑をかけている訳ですからね。

過去に自分を裏切ったパートナーと不倫をした有名人を重ねてしまうのでしょう。

 

ざっとこんなところでしょうか。

総じて言えるのは、モテない奴ほど不倫に厳しいということですね。

今の自分も含め、人間の大多数がモテない訳ですから、今後も不倫は批判され続けていくのでしょう。

最後に呂布カルマのパンチラインで締めようと思います。

「せいぜいバレないようにやりな!」